▲ ページトップ
トップページ > プロポリスのいろいろ > プロポリスの歴史

 プロポリスの歴史 

紀元前数百年~数千年前

古代エジプトの僧侶が使用ミイラの防腐剤の役目にプロポリスを使っていた。
かのクレオパトラも病気と老化防止に愛用していたと考えられている。
古代ギリシャ人が使用しだしプロポリスと命名する。
古代ローマの兵士はプロポリスを保健薬として使用したとある。

 

紀元前300年頃

アリストテレス(ギリシャの哲学者でプラトンの弟子)の著書「動物誌」で、皮膚疾患、切り傷、感染症の治療薬として言及している。

 

紀元前100年頃

有名なラテン学者バロンは、詩人ベルギリウス(ローマの詩人)と同様に、著書にプロポリスについて記している。

 

西暦紀元初期

ローマのプリニウス(博物誌37巻を著す)、ギリシャの医学者ディオスコリデス(薬物学の大著がある)の書物に、プロポリスにより、刺の摘出、皮膚の腫れ、神経の痛みを鎮める、治り難い病の治療として記されている。

 

2世紀頃

著名なイランの哲学者アビセンナは、傷の消毒、鎮痛として記述している。

 

12世紀頃

グルジア(旧ソ連の一共和国)の医学書にも、多くの治療薬の調合として使用されていた。

 

16世紀頃

インカ族(スペインに征服されるまで南米ペルーを支配していたインディアン)は発熱性の感染症にプロポリスを使用していた。

 

17~18世紀頃

バイオリンの名器、ストラディバリウスにプロポリスを混ぜたニスが使われた。
(保存と、共鳴機能向上のため)

 

18~19世紀頃

フランスでは、主に切り傷の治療として利用されていた。南アフリカのボーア戦争(英国とボーア人との戦争)で傷の殺菌、及び治療に多く利用されていた。

 

1956年

西ドイツ(当時)、フランスなど西欧諸国に加えて、1970年頃からロシア、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、チェコスロバキアなどの東欧諸国のほか、中国などでも盛んに研究がされ始めた。

 

1972年

第一回国際プロポリス・シンポジウムがチェコスロバキアで開催。

 

1980年

西ドイツ(当時)のハーブステン博士がプロポリスの主作用はフラボノイドにあると発表。

 

1985年

第30回国際養蜂会議が名古屋で開催。
各国の研究者によるプロポリス治療例の発表がされ、プロポリスの存在が日本国内の養蜂家に広く認知される。

 

1991年

国立予防衛生研究所(現在は国立感染症研究所)松野哲也室長が第50回日本癌学会総会で、プロポリスの抗ガン作用の成分を発表。

 

1991年以降

日本でも盛んにプロポリスの研究が行なわれるようになる。

 

 

 


次のページでは、ブラジル産プロポリスのいろいろな使用方法をご説明いたします。

 

 

>> プロポリスの使用方法