▲ ページトップ
Uniflora社
トップページ > Unifloraグリーンプロポリスの特徴 > Uniflora社とは

 Uniflora社とは 

 

● 自社研究所での高度な科学的な技法を用いた先端技術

● 世界中で認められている、ブラジル最大手メーカー


 

● ブラジル・サンパウロ州・オリンピア市に本社を置きます「Uniflora社」は、1992年8月に設立されました。
養蜂業を営む一方、2か所の自社研究所(物理化学的研究および微生物学研究室)を持ち、国立大学との共同研究で、大規模なバイオテクノロジーの研究と、プロポリスなどの養蜂製品医療への応用を研究するなど、プロポリスをはじめ様々な養蜂製品の研究活動に力を入れ、高品質な養蜂製品を数多く生産しております。

 

Uniflora

 

 


 

● 生産販売量は、「養蜂関連」「プロポリス関連」いずれでもブラジルでは、最大手のメーカーであると共に、
現在、 ブラジル国内、北米(アメリカ、カナダ等)アジア(日本、台湾、中国 等)など、グローバルに商品の提供をしており、世界中でで認められている養蜂製品メーカーです。

また、社長のパウロ・オリベイラ氏は科学者であるとともに、組合員3,600人のブラジル最大の養蜂業者の集まりであるAPACAME(サンパウロ州養蜂協会)技術担当理事と、ABP(ブラジルプロポリス協会)の副会長を兼任し、ブラジル養蜂製品の質の向上に努力されています。

 

Uniflora社2

 

 

 

Uniflora社のホームページはこちら